腸内環境の不全とうつ病の関係 -その4- 症例

腸内環境の不全とうつ病の関係 <腸内環境不良の症例> 慢性の疲労感や疲れ易さが続くため病院に受診し検査しても異常は指摘されず、にもかかわらず症状が悪化するケースが増えています。ストレスによるうつ病、自律神経失調症、過敏性腸症候群、不眠症と診断され、抗うつ薬や睡眠薬での治療を行っても症状が再燃するため、栄養療法のホームページを見て当院に受診された方の症状と治療例です。

カウンセラーのひとりごとブログ

カウンセリングとカウンセラーについてお話しています。当院ではすべてのカウンセラーが臨床心理士という資格を取得しています。カウンセリングで何を話したらいいかわからない…そう考えている方も少なくないのではと思いますが、ぜひあなたの言葉でお話をしていただければと思います。

リンパと温熱療法

腸が冷えると全身のリンパが滞り、むくみやすくなります。温熱療法の、温める+温熱器を体に当てるマッサージ作用は、血流が良くなるので、自ずとリンパの流れも良くなります。

がんと温熱療法

ガンは熱に弱いってご存知ですか?ガン細胞が好む体温は、35℃といわれています。低体温になると抵抗力や免疫力が低下するので、ガン細胞が作られやすくなるのです。温めることが重要です

減量と温熱療法

体が冷えると、消費カロリー(基礎代謝)も低下し、痩せにくくなります。 血行も悪くなりますから、本来、血流に乗って届けられるはずの代謝に必要な栄養素と酸素が、体の隅々に行き渡らないからです。