2019年05月一覧

小説「西の魔女が死んだ」学ぶ気持ちの切り替え方 1

庭、学校、職場など、なにかと環境の変化が多い4月、4月に環境の変化があった方は、一気に疲れを感じる時期でもあります。環境の変化にまだ馴染みきれず、憂鬱な気分で連休明けを過ごしている方もいらっしゃると思います。今回は転校先に馴染めなかった少女をテーマにした小説「西の魔女が死んだ」の一節をご紹介させていただきたいと思います。

つらい感情を抱きしめる

物事のとらえ方や考え方は人それぞれ、怒ったり、悲しんだり、悔しがる、そうしたネガティブな不快感情も、私たちに備わっているごく自然な感情です。 つらい状況を悲観的にとらえてしまっても、ひと呼吸おいて、少し違う角度から眺めてみると、問題解決への道が見えてくることがあります。

香りの記憶

ある香りをかいだ瞬間に、昔の「記憶」が一気に蘇がえり、「楽しかった」「悔しかった」といった感情を引き起こすことがあります。こうした香りの効果を利用して、自分の良い記憶を引き起こしてくれる香りを探せば、その時の記憶と結びついている感情や感覚を引き出すことができます。

力を抜こう

グルグル考え事をすることは、意外と神経をつかってしまい、疲れるものです。つい考え事をしてしまう自分に気づいたら、身体の感覚に意識を向けて、考えることから離れてみましょう。