腸内環境の不全とうつ病の関係 -その4- 症例

腸内環境の不全とうつ病の関係  症例

腸内環境不良の症例

●24歳 男性 会社員 一人暮らし

大学入学にて地方から東京に転居し一人暮らしとなる。

自炊は苦手なためにコンビニ弁当やファーストフードなどに偏った食生活をするようになり、体育会系部活をしており清涼飲料水やお酒を飲む機会が多く暴飲暴食することも少なくありませんでした。

大学3年生の頃から、子供の頃のアトピー性皮膚炎が再燃、ニキビも度々に出るようになり、便秘や下痢を繰り返すようになっていました。
就職活動や卒業論文などによるストレスが重なった後から、それらの症状が悪化し、慢性の疲労感や疲れ易さが続くため、病院に受診し検査しても異常は指摘されずに、時々受診して対症療法を受けていました。
日により症状に波があり、また数ヶ月体調が良い日が続くこともあり放置していました。

しかし、大学を卒業し会社に就職。毎日終電で帰るような生活が1年間ほど続いた後に、急激に症状が悪化し、発熱を伴う皮膚の痒みや発赤が強まり、下痢も毎日続くようになり、朝から疲労感や憂鬱感、気力低下や不安感をきたすようになりました。

そのために出勤できないことが増えて、内科や皮膚科に通院しましたが改善せず、ストレスによる精神的な影響が大きいのではと説明され心療内科に受診したところ、仕事のストレスによるうつ病、自律神経失調症、過敏性腸症候群、不眠症と診断され、休職しつつ抗うつ薬や睡眠薬での治療を行いました。

幸いにも3ヶ月の休職で、症状が軽減し復職できましたが、残業もなくストレスの少ない業務をしていたにも関らず、半年後から休職前と同様の症状が再燃しました。継続していた薬やその他の向精神薬も効果がないため、
栄養療法のホームページを見て当院に受診しました。

検査と治療

これまでの症状や経過から、腸内環境不全や副腎被労の合併が疑われ、

総合便検査、有機酸検査、遅延型フードアレルギー検査、副腎機能唾液検査、精密血液検査などを行ったところ、

腸内カンジダ症、リーキーガット症候群、他種類の食物アレルギー、低血糖症、副腎や甲状腺ホルモンの分泌低下、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養不足を認めました。

本人は、検査結果を見て、説明を聞き、症状の原因や成り立ちがようやくわかりホッとした様子でした。

その後、ストレスからの回避(静養)、食事療法や栄養補助サプリメント、プロバイオティック摂取、カンジダ除菌などを行ったところ、
徐々に薬なしで症状が回復し運動も出来るようになり、8ヶ月後に大学に入学した頃の体調に改善し復職可能となりました。

その後は、休職中に覚えた料理で自炊するようになり、再発せずに元気に過ごせています。

※ 最近5~6年で、急に増えてきている典型的な症例を示しました

症状と改善

一人暮らしを始めて、偏った食生活や不規則な生活をするうちに、徐々に腸内環境が悪くなり、それに伴い様々な心身の不調が現れだし、
・慢性疲労状態
・不眠
・うつ状態や不安障害(パニック症状又は強迫神経症状etc)
・自律神経失調症

などを伴うようになり、いろいろな医療機関に受診するも原因不明で、休養をとってもなかなか改善しにくい、改善してもすぐに症状をくり返すケースです。

似たような症状のある方は、早めにご相談下さい。

ミチワクリニック トータルヘルスケア外来