あれ、眠れない…?

普段なら布団に入ってすぐに眠れるのに、今日はなぜだか眠れない…。そんなことがたまにありませんか?気がかりなことがあると、布団に入ってから気になってなかなか眠れないことがあったりします。こうした寝つきが悪いことが長く続き、しっかり眠れないことで疲れが取れず、日中の集中力が低下し仕事や家事の効率が悪くなったり、イライラして対人関係でうまくいかないことが出てくる可能性があります。

いつも眠れていたのに、寝つけない日が続くと、「あれ?どうやって眠るんだっけ?」と分からなくなってしまったりします。そうした時は、以下のことを試してみてください。

・布団に入ってから、携帯電話・スマートフォンなどは見ない。

・寝る前の飲酒(寝酒)やコーヒーなどのカフェインの摂取は控える。

・入浴して温まる(温まった体温が下がることで、眠気がきやすくなるので、就寝する1時間くらい前に入浴し終わっているいいでしょう)。

・寝る前に深呼吸をしたり、軽くストレッチをする。

それでも眠れないことが長く続くようでしたら、無理をせず、かかりつけの医師に相談してみるといいでしょう。