遠赤外線温熱療法の効果

1. カラダの冷えを改善する
身体が冷えた状態になると、血行が悪くなり、体内での化学反応(新陳代謝)が行われにくくなります。その結果、内臓など全身の機能が低下し、老廃物がたまり、病気になりやすくなります。 温熱療法では、温灸器で体の経絡を中心に体内の深い所まで丁寧に熱を加えて行くことにより、冷えて働きの鈍った部分でも血流が良くなります。そのため細胞も活発に働くようになり、全身の機能が活性化されるようになります。                                                                         
2. HSP(ヒートショックプロテイン)が増加する
人間の身体の水以外の成分で、最も多いのがタンパクで、細胞の構造や代謝に最も大切な働きをしています。そのタンパクが、病気やストレスによって、傷つき構造がおかしくなった時に、元の構造に修復して健康な細胞に戻す働きをするのがHSPというタンパクです。温熱療法で身体を温めると、このHSPの体内産生が増加し、傷ついた様々な細胞内の酵素やホルモンやコラーゲンなど、10万種類以上あるタンパクの修復力を高めます。その結果、温熱療法による加温効果プラスHSP作用が、癌治療に用いられていたり、糖尿病、喘息、アトピー性皮膚炎、炎症性腸疾患、関節炎、リウマチ、シェーグレン症候群、うつ病、統合失調症、不妊治療などで効果を認めています。

3. 血行を改善し毛細血管まで血流を行き渡らせます
血流が悪いと血液はよどみ、そこに老廃物や有害物質が滞留してきます。温熱療法では、末端の毛細血管を拡張し、血流を良くします。血流が良くなると、それに伴いリンパ液や神経の流れもよくなります。つまり全身の循環が良くなり、カラダのホメオスタシス(恒常性)が保たれるようになります。

4. 免疫細胞を活性化して免疫力アップ
血液やリンパ液の中の白血球やリンパ球は、外からの異物や病原菌、ウィルス、ガン細胞などを見つけて退治する免疫細胞です。血行が良いと、白血球やリンパ球の流れも活発になり、免疫機能を素早く発揮することができます。また、白血球自体も39℃以上あると活発化するので、カラダを温め血流を良くすることは、免疫機能の活性化に非常に効果的と言えます。

5. 全身の細胞を活性化させる
血流が良くなると酸素や栄養が身体の隅々まで行き渡りやすくなり、細胞の新陳代謝が促され、60兆個~100兆個と言われる全身の細胞が活性化します。その結果、病気の自己治癒力を高め、全身のリフレッシュが図られ、疲れやすさ、肩こり、腰痛などの慢性の疲労状態の回復もなされます。

6. 自律神経機能を調整するとともに脳神経への刺激を図る 
温熱療法では、基本的に全身の経絡や背骨の周辺を中心に注熱し、自律神経を刺激して自律神経を調整し、ストレス解消などに役立てていきます。 また、背中に注熱することは、背骨に沿ってつながる脳脊髄神経を刺激する効果もあります。脳脊髄神経を整えて神経ネットワークの不調を改善することにより、病気の回復や健康維持を強化することが可能となります。

7. 全身のホルモンバランスを調整します
全身を加温し視床下部、脳下垂体、甲状腺、副腎などの機能が回復することで、内分泌機能が正常化し、心身の不調を改善させます。

8. 発汗作用を著しく促し、老廃物を排泄する (デトックス効果が大きい)
注熱で血行がよくなると、局所に滞っていた老廃物や有害物質が血流に乗って体内を流れるようになります。それを外に出すために水分を十分に補給し、温熱ドームベッドで汗をかき、汗と共に老廃物を排泄していきます。

9. 遠赤外線効果で有害物質除去作用や皮膚細胞の新陳代謝を良くする
重金属、環境ホルモン、ウィルス、カビ、皮脂などの汚れは脂肪に溶けて毛穴の奥の皮脂腺にたまります。温熱療法で使用する遠赤外線は、皮脂線に作用して皮脂の分泌を促進し、そこに蓄積している有害物質、汚れを皮脂と一緒に排泄する働きがあります。

10. 脳内エンドルフィンの分泌を高め心身の疲労を回復する
加温効果により、脳内モルヒネとも言われるエンドルフィン(神経伝達物質)の分泌が起こり、多幸感や快感が呼び覚まされ、疲労感や痛みの緩和作用をもたらします。

11. 不妊症の改善への影響 (生理痛、PMSにも効果認めます)
低体温の女性の場合、加温で体温を上げ高体温条件を準備することは、受精およびその後の着床をしやすい条件を高めることが推察されます。また、加温により前述したHSPが増えることで体内の細胞を活性化する二重の作用もあり、不妊症改善例がみられる要因と考えています。

12. メタボリックシンドロームへの対策として
温熱療法により、体温が上昇、毛細血管まで血流改善、HSPで細胞活性が生じ、全身的に細胞の代謝がたかまり、老廃物の排泄もすすむため、適切な食事療法を組み合わせることにより、なかなか減らせなかった体脂肪の減少を、持続的にスムーズに進められることが期待できます。

温熱療法は、癌治療の分野でも用いられており、癌の縮小化・再発予防、癌性疼痛の緩和などで効果が認められています。癌患者さんの多くは、低体温をきたしており、発癌の契機であったり、悪化の原因にもなっていると言われています。
同様に、低体温の方々は、慢性の体調不良や様々な病気を発症しやすいと言われており、温熱療法で健康な心身の状態を取り戻し維持されることをお薦めします。