美肌と温熱療法

温熱療法でかくことができる良い汗(皮脂腺からの汗)には、
肌をしっとりさせる保湿効果があります。

体を温め、老廃物を排泄できると、
血流が良くなるので、皮膚細胞にまで
しっかり栄養を届けることができます。
肌艶や血色も良くなります。(●^o^●)

また、HSPが活性すると、老化(たるみ、しみ、しわ)の原因である
糖化した皮膚のコラーゲンを排出し、皮膚細胞の生まれ変わり(新陳代謝)が
スムーズになりますので、くすみが取れ、透明感が出ます。
温熱療法は、アンチエイジングが期待できる方法の1つでもあります。

 たんぱく質と糖が結合し起こる反応。
 そこで発生するAGEs(最終糖化産物)が皮膚のシワ、
 弾力の低下、糖尿病や白内障などにつながる。