デトックスと温熱療法

温熱療法でかく汗は、皮脂腺からの汗です。

普段かいている汗は、汗腺からの汗でベトベトしていますが、
皮脂腺からの汗はサラサラです。皮脂腺は汗腺より深いところにあり、
細胞に溜まっている毒素
(ダイオキシンや活性酸素種、鉛、カドミウムなどの重金属)を出すことができます。

現代人は環境汚染や添加物・薬品の摂取、
ストレス、運動不足などで、自力でのデトックスが間に合わないため、
毒素や老廃物を溜めがちな状態です。

毒素が体内に溜まると、風邪をひきやすくなったり、
さまざまな症状・病気の原因になります。
温熱療法を日常に取り入れ、『身体の大掃除』をしましょう。

また、皮脂腺からの汗は肌を潤す作用もあります。