がんと温熱療法

ガンは熱に弱いってご存知ですか?
ガン細胞が好む体温は、35℃といわれています。
低体温になると抵抗力や免疫力が低下するので、
ガン細胞が作られやすくなるのです。

逆に40~42℃だと死滅すると言われています。
常に働いていて温かい臓器である心臓や脾臓には、ガンができません。

また、温めることで活性するHSPが「抗原提示」を増強することが発見されました。
抗原提示とは、免疫細胞に癌細胞などの抗原の情報を伝達することです。
この機能が高まると、ガン細胞に対し、それまでよりも攻撃をすることができます。

ガンの人が高熱の病気にかかった後、
ガン細胞が消えていたという実例も数多くあります。
このようなことからも、温めることの重要性がわかります。