うつ一覧

腸内環境の不全とうつ病の関係 -その4- 症例

腸内環境の不全とうつ病の関係 <腸内環境不良の症例> 慢性の疲労感や疲れ易さが続くため病院に受診し検査しても異常は指摘されず、にもかかわらず症状が悪化するケースが増えています。ストレスによるうつ病、自律神経失調症、過敏性腸症候群、不眠症と診断され、抗うつ薬や睡眠薬での治療を行っても症状が再燃するため、栄養療法のホームページを見て当院に受診された方の症状と治療例です。

うつと温熱

温熱療法では、神経の通り道である背骨や背中を温めていきます。 自律神経に温かい良い刺激が伝わると、交感神経と副交感神経のバランスが取れて心身が落ち着きます。 ウツの方の特徴として、全体的な体の冷えはもちろん、それによる肩コリ、頭痛、腸や体の芯の冷えなどもあります。