遠赤外線作用一覧

患者さんの声 その1

『PCの使いすぎのせいか、手首に激痛が起きる状態が続いていました。 それが、初めて温熱療法を受けた翌朝、うそのようになくなっていたのに驚きました。

遠赤外線温熱療法の効果

温熱療法は、癌治療の分野でも用いられており、癌の縮小化・再発予防、癌性疼痛の緩和などで効果が認められています。癌患者さんの多くは、低体温をきたしており、発癌の契機であったり、悪化の原因にもなっていると言われています。 同様に、低体温の方々は、慢性の体調不良や様々な病気を発症しやすいと言われており、温熱療法で健康な心身の状態を取り戻し維持されることをお薦めします。

温熱療法

ミネラル鉱石温灸器の遠赤外線作用により、身体の内部まで温めることができ、血流の滞りが改善され末梢まで血液が行き渡るようになります。