ハートフルな診療 東京都 中央区 ミチワクリニック お薬だけに頼らないうつ病治療・ストレスケア

03-3552-7099受付時間:9:45~12:45/14:45~18:45

グルテン・カゼイン  ペプチド検査

検査費用
グルテンカゼインペプチド検査  19,440円(税込 ※18,000円(税別))
セリアック病&グルテン過敏性血清検査 36,720円 (税込 ※34,000円(税別))

※送料が別途必要になる検査もあります

グルテン・カゼイン  ペプチド検査について

検査物
・グリアドーフィン(麦由来のペプチド)
・カソモーフィン(乳製品由来のペプチド)


尿ペプチドは、不完全に分解された蛋白質の一片です。これらグルテン(麦製品)とカゼイン(乳製品)由来のペプチドは、ヘロインやモルヒネなどのアヘン薬物の効果を模倣し、脳内のアヘン剤受容体と反応することができるので、体にとって重要な影響を与えます。 神経ペプチドと呼ばれるこれらの化合物は、音声と聴覚統合に関与している側頭葉などの脳の領域と反応することで知られています。神経ペプチドはまた、痛みを感じ、認知機能に影響を与える能力を減少させることでも知られています。
牛乳と小麦に対して食物アレルギーを持っているほとんどの人は、牛乳と小麦由来のペプチドにも問題があり、脳と相互作用し、アヘンのような効果を引き起こしています。しかし、牛乳や小麦に食物アレルギーはないけれども、ペプチドに問題がある、もしくはその反対のケースもあるため、ペプチドと食物アレルギー検査の両方を行うことが勧められます。

グリアドーフィンとは?

グリアドーフィン(またはグルテオモルフィン)とは、小麦蛋白質グルテンに由来するペプチドです。ライ麦、大麦、オート麦などの穀類にもグルテン類似のペプチドを含みます。
グリアドーフィンは、乳製品由来のカソモルフィンに非常によく似ています。

カソモルフィンとは?

カソモルフィンは、乳タンパク質カゼイン由来のペプチドです。カゼインは、牛、ヤギおよび人間を含むすべての哺乳類の乳汁における主要なタンパク質の一つです。
ノルウェーのライヒェルト博士をはじめ、フロリダ大学のケード博士、および他の研究員たちは、自閉症、PDD、セリアック病や統合失調症を持つ人々の尿サンプルから、カソモルフィンペプチドが大量に含まれていることを発見しました。
これらのペプチドはまた、小麦や乳製品の除去後、症状寛解が見られた事例報告に基づいて、慢性疲労、線維筋痛症やうつ病など他の疾患でも上昇している可能性が高いと考えられています。

グリアドーフィン、カソモルフィンはなぜ重要なのでしょうか?

グリアドーフィン、カソモルフィンは、ヘロインやモルヒネなどのアヘン薬物の効果を模倣し、脳内のアヘン剤受容体と反応するため、ペプチドの影響を知っておくことが必要です。これらの化合物は、音声と聴覚統合に関与している側頭葉などの脳の領域と反応することが示されています。
自閉症児は小麦と乳製品を無性に摂取したがることがあります。これはおそらく、自閉症や統合失調症を持つ人々は不完全に小麦や乳製品を消化しているためです。これらの不完全消化されたペプチドは、アヘン剤のように脳の受容体に結合し、その後の動作や他の生理的反応を変化させています。

ペプチド(グルテン、カゼイン)の引き起こす問題

研究が進むにつれて、このペプチドが引き起こす問題が明らかにされつつあります。 個人によっては、これらのペプチドを消化・分解する能力が欠けています。 ペプチド分解には、「DDP4」という体内の酵素が必須となりますが、この酵素が、腸内での酵母菌の増殖や水銀に暴露している患者の状態により十分に生成されず、最終的にペプチド消化力を抑制しているかもしれません。
ある研究では、不消化ペプチドが高いレベルで検出された患者には、消化器系、神経系、神経発達障害を伴っていることが報告されています。
ノルウェーのケイル・レイチ博士とフロリダ大学のウィリアム・ケイド博士のスタディ→消化器系、神経系、また運動障害のある個人から採取された尿から、非常に高いカソモールフィン(乳製品に含まれるペプチド)レベルが検出されたことを発表。その他にも多くの両親が、子供が乳製品を摂取した後、急に走り出したり、幻覚を起したような異常行動が出たことを報告しています。

リーキーガット症候群

またこれらのペプチドは、刺激を受けた腸内から漏れ、血液を通して脳へ運ばれる「リーキーガット症候群」を引き起こしているのではないかと考えられています。脳内に運ばれたペプチドは、オピエイト受容体と反応します。これらのペプチドは、ヘロインやモルヒネ(幻覚剤)と構造的に似ているため、オピエイト受容体にもヘロインやモルヒネが反応するのと同じように作用していきます。
結果として、幻覚剤を取ったときと同じような症状(音への過敏性、スピーチの障害、また痛みに対する不感性や知覚機能など)を起し、脳へ影響を与え、行動変化を引き起こすのです。

 

ペプチド検査結果のサンプル

結果サンプル

カソモーフィンの「H」は、このたんぱく質が不消化物として「高い数値」で検出されたことを意味します。
ペプチドの測定方法は、クレアチニンという化合物の値を定めることで尿の濃度を一定化し、不消化ペプチドの値を検査しています。

営業日カレンダー

/

/

/

【休診日】水・土・日・祝祭日
10:00~13:00
15:00~19:00
※自由診療は 10:00~18:00
(火曜日のみ)
■予約制です

東京ドクターズ・インタビュー

患者さんインタビュー

ブログ

 

無料相談

お問い合わせ 03-3552-7099

ミチワクリニック

〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-19-9 トーエイ八丁堀ビル (旧 京橋第6長岡ビル)5F
Tel 03-3552-7099

■東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」  A5出口から徒歩約3分
■JR京葉線「八丁堀駅」 B1出口から徒歩約3分
■都営浅草線「宝町駅」  A8出口から徒歩約4分