ハートフルな診療 東京都 中央区 ミチワクリニック お薬だけに頼らないうつ病治療・ストレスケア

03-3552-7099受付時間:9:45~12:45/14:45~18:45

治療に関連する症状や疾患

遅延型フードアレルギー(IgGフードアレルギー)

体調不良の意外な原因「遅発型フードアレルギー」とは?

最近、原因不明と考えられていた様々な病気や体調不良を引き起こすものの一つとして注目されているのが「遅発型フード(食物)アレルギー」です。
これはある特定の食材を摂取してから数時間、遅い場合で数日が経過した後に症状が出現するアレルギー疾患で、よく知られているフードアレルギーとはかなり異なる特徴をもっています。
一般的に知られているフードアレルギーは、食事の直後にじんましんや発疹、浮腫、呼吸困難などの急性症状が出現するというものです。これはいかにもアレルギーらしい症状が、食べてから短時間で出現するため、たいへん分かりやすいアレルギーということができます。これを「即時型フードアレルギー」といいます。
これに対して「遅発型フードアレルギー」は上述のように、摂取後かなり時間が経ってから症状が出現します。
また症状は頭痛、不安感、うつ症状、関節痛、全身倦怠感などと、およそ「アレルギーらしくない」症状が中心のため、アレルギーとは認識しづらい、分かりにくいアレルギー疾患なのです。

症状

  • 消化器症状:消化不良 便秘 下痢 腹痛 吐き気 過敏性腸症候群 腹満感など
  • 精神神経症状:頭痛 頭重感 不安神経症 抑うつ 情緒不安定 集中力低下など
  • 皮膚症状:湿疹 アトピー性皮膚炎 にきび じんましん 肌荒れ 乾燥肌 多汗など
  • 呼吸器系:鼻水 鼻づまり ぜんそく 慢性副鼻腔炎など
  • 筋骨格系:筋肉痛 関節痛 関節リウマチなど
  • その他:不整脈 倦怠感 慢性疲労症候群 口内炎 浮腫 体重増加など

遅発型フードアレルギーの原因食材

【牛乳および乳製品】
遅発型フードアレルギーを引き起こす代表的な食材です。日本人の7割以上で反応を示すという報告もあります。牛乳そのものだけでなく、牛乳を用いた製品すなわちヨーグルトやチーズなどにも幅広く反応を起こします。
【卵】
牛乳と並んで遅発型フードアレルギーを起こしやすい食材です。多くの場合、 卵黄および卵白の双方にアレルギーを示します。卵そのものだけに留まらず、卵を用いた加工食品などにも反応を起こします。
【その他】
野菜や果物、穀物、魚介類などの食品群で、実に多くの食材で遅発性フードアレルギーが起こり得るとされています。特にアレルギーとなりやすい食材としては、小麦、大豆、アスパラガス、パイナップルなどが挙げられます。
 

※リーキーガット症候群など腸内環境悪化(腸の炎症)があると、腸壁から消化しきれてない食物断片が体内に侵入しアレルギー形成につながり、多種多様な食物がアレルギーの原因になるため、詳しい検査をしないと何がアレルギー源になっているかわからない場合が多いのが実際です


初めて来院される方へ

診療の流れ 診察時間・治療費 こちらをご覧ください

営業日カレンダー

/

/

/

【休診日】水・土・日・祝祭日
10:00~13:00
15:00~19:00
※自由診療は 10:00~18:00
(火曜日のみ)
■予約制です

東京ドクターズ・インタビュー

患者さんインタビュー

ブログ

 

無料相談

お問い合わせ 03-3552-7099

ミチワクリニック

〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-19-9 トーエイ八丁堀ビル (旧 京橋第6長岡ビル)5F
Tel 03-3552-7099

■東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」  A5出口から徒歩約3分
■JR京葉線「八丁堀駅」 B1出口から徒歩約3分
■都営浅草線「宝町駅」  A8出口から徒歩約4分