ハートフルな診療 東京都 中央区 ミチワクリニック お薬だけに頼らないうつ病治療・ストレスケア

03-3552-7099受付時間:9:45~12:45/14:45~18:45

ナチュラルホルモン補充療法 

ホルモンとは 

ナチュラルホルモン補充療法「いくつになっても若々しく、健康で美しさを保ちたい」


これは、全ての男女にとって当然の願いです。
老化現象の多くはホルモンの低下によって説明できます。
「ナチュラルホルモン総合補充法」では、加齢により不足したホルモンを補充することで
様々な "身体機能の若返り" をめざします。

 

ホルモンとは

院長イラストホルモンとは、ホルモン産生臓器から血中に放出され、身体にあるすべての細胞の受容体で、生化学的効果を発揮する分子のことです。
ホルモンは、中枢神経系からの伝達物質として、体内の期間にどのように機能するかを命令します。脳以外でも、甲状腺、副腎、卵巣、精巣などの臓器から、様々なホルモンが分泌され、それらは、互いにバランスを保ちながら相互作用しています。

ホルモンの主な働きとは

ホルモンは体温・生殖・成長・老化・免疫システムなど、身体の様々な機能を制御・調整しています。
ホルモン分泌量が最適であれば、若さや健康は保たれますが、加齢と共にホルモン分泌量は減少してしまうのです。

 

老化とホルモン

私たちが年を取ると、ホルモン産生を調節している、脳下垂体などの機能が低下します。
加齢に伴いホルモンが減少すると、様々な老化の兆候が現れます。疲労、筋肉の減少、筋肉と関節の痛み、心疾患、体重増加、ガン、脳卒中などの老化現象の多くは実はホルモン分泌量の減少によるものです。

ホルモン総合補充療法とは

加齢などにより減少してくるホルモンをより若い年齢の状態まで補う治療法です。

1~2種類のみのホルモンを補充する従来の方法とは違い、低下している全ての種類のホルモンを補充しバランスを整えることで全身の機能を高める、より安全で効果の高い新しい治療法です。

ホルモンのバランスを人生で最も分泌量の多い、より若い年齢の時の状態に戻すと様々な疾病を予防することが出来ます。
見た目も健康的に改善し、身体的にも精神的にも、若々しく感じることが出来るようになるでしょう。

 

補充するホルモンの「最適量」について

ホルモン量は、一般的な基準値というものがありますが、この範囲内であるからといって、必ずしもその患者さんにとってそのホルモンが十分にある、ということにはなりません。 逆に、補充しすぎるとあまり嬉しくない副作用が出ることもあります。
このため、多くのホルモンにおいて人生で最も分泌量の多い20歳前後のホルモン量を基準に補充します。

ナチュラルホルモン補充療法では、主要なホルモンを、その「ホルモン年齢」をすべて20歳頃の最も元気なレベルにバランス良く引き上げることにより、身体の中から元気にする治療です。

『そんなに若いころの量にしたら、多すぎてガンになったりしないか?』という質問をされますが、単にホルモン量が多いとガンになるなら、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌量が多い20歳代の女性や男性に、乳ガンや子宮ガンまたは前立腺癌などが多発するはずですが、実際には中高年期以降に癌の発症率は高まります。

つまり、これらのホルモンのバランスがうまく保たれ、他のホルモンも免疫力を上げるように連携し、ガン細胞の増殖を押さえ込んでいるからです。
ナチュラルホルモン補充療法は、加齢と伴に分泌量が減ってからでも、うまくホルモン量をコントロールしながら補充することにより、20歳代と同じような活力ある身体の状態を維持することを目指すものなのです。

 

ホルモン療法は安全?

2002年、米国で行われていたWHIという大規模なホルモン療法に関する研究が、中間報告とともに中止されました。理由は、ホルモン療法を受けた人たちの間で、心血管疾患、乳ガンなどの増加が見られたからです。
このニュースはメディアでも当時センセーショナルに取り上げられ、米国のみならず日本でもホルモン療法に対する不安感が高まりました。
しかし、この研究には多くの問題点がありました。特に、治療の対象となった患者の選ばれ方と、治療に使う薬の問題です。つまり、ホルモン療法をすべきではない患者に、使ってはならない薬を使っていた、ということなのです。
この研究では、当クリニックで扱う「ナチュラルホルモン」ではなく、「ホルモン類似物質」というものが使用されていました。これが、ガンなどを発生させた原因です。
当クリニックで扱う「ナチュラルホルモン」を、医師の管理下で適切な量で使用している限り、このようなリスクはありません。
また、米国などでは一部のホルモン薬が薬局などでOTC薬として売られており、それを個人輸入しているインターネットサイトなどもありますが、これは質が悪く、効果が低いだけでなく不純物が多く含まれることも多いため、おすすめしません。

 

※当クリニックでは、米国FDA(食品医薬品局)の厳しい品質基準を満たした調剤企業の製品を使用していますので、安心してご利用いただけます。

    ※但し、注意点としては、

  • 妊娠中やホルモン産出性腫瘍のある方は行えません。
  • 悪性腫瘍のある方、過去に悪性腫瘍に疾患された方も、腫瘍性悪性疾患等のリスクを助長する可能性があるため行えません。

 

ナチュラルホルモンとは

当院では副作用の起こりやすい合成ホルモンではなく、体内で作り出されるホルモンと同じ分子構造を持つナチュラルホルモン(バイオアイデンティカルホルモン)を補充する治療を行っています。

 

これまで、医療の現場では身体が作るホルモンとは科学構造が異なる「合成ホルモン剤」が使用されてきました。これらは身体が作るホルモンとは違った働きをします。
ホルモン療法による「副作用」の多くはこの科学構造の違いによるものです。
現在では身体が作るホルモンと全く同じ化学構造を持った「バイオアイデンティカルホルモン」を合成できるようになり、よりリスクを抑えた治療を行うことができます。

 

加齢により減少するホルモンの種類

※項目をクリックすると詳細が開きます

記号 DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)
副腎皮質で作られるもっとも多いホルモンです。エストロゲン、デストステロン、プロジェステンへと変化するので「マザーホルモン」とも呼ばれます。タンパク質合成、免疫システムの働きを高め、ストレスを和らげます。抗酸化効果が強いためガンを抑制すると同時に、脂肪やコレステロールを減らして心臓病を予防します。
記号 プレグレノロン
脳の働きを活性化させるホルモンです。「グランドマザーホルモン」とも呼ばれ、体内でDHEAへと変化します。記憶力と集中力を高めます。また、疲労を回復して気分を向上し、精神を安定させます。
記号 メラトニン
脳内にある松果体で分泌される「スーパーホルモン」です。睡眠と起床のサイクルである「体内リズム」と、眠りの深さをコントロールします。不快眠りはエネルギー生産、免疫システムを高める上で重要です。また、抗酸化作用が高くガンの予防にも効果があると言われています。
記号 エストロゲン(卵胞ホルモン)
のぼせ、情緒不安定、不眠症など、女性の更年期の症状の治療薬として40年以上も前から使用されているホルモンです。シワや肌質、髪質を改善し、若々しさを与えます。女性の骨そしょう症やアルツハイマー病、心臓病、欝症状など、加齢に伴う病気を防ぐ効果があります。
記号 プロジェステロン(黄体ホルモン)
子宮、副腎から分泌され、エストロゲンとバランスをとり、その効果を高めます。抗炎症効果が高く、子宮ガンの予防、性欲の改善に効果があります。また、気分のむら、イライラ、だるさ、頭痛などの月経前症候群(PMS)の治療にも役立ちます。緊張や不安などを取り除いて欝を改善し、女性の精神を落ち着かせる、「心地よい」ホルモンです。
記号 テストステロン
男性の活力の源です。40代で大幅に減少すると男性更年期障害の症状が現れます。テストステロンは、男性に性欲や仕事などへのバイタリティーを与え、気分を改善し、自信を与えます。また、心臓病、前立腺疾患、肥満、アルツハイマー病を防ぐ効果があります。女性にとっても肌を美しく保ち、性欲やバイタリティーを保つ上で重要なホルモンです。
記号 サイロイド(甲状腺ホルモン)
甲状腺から分泌されるホルモンです。細胞の分化、成長、エネルギー代謝、体温調節、細胞機能の全てに関わります。志望を燃焼し、コレステロール値を下げて心臓病を予防し、大脳疾患を防ぎます。不足すると、疲れやすくなって言動が鈍り、感染症への抵抗力が弱まります。血液検査で見逃されることが多いので、適切な判断と補充が大切です。
記号 ヒト成長ホルモン
治癒力を高める究極の「ヒーリングホルモン」です。30歳を過ぎると、10年間で約14%ずつ低下します。体脂肪を減らす一方、骨密度、心肺機能、運動能力を高め、肌質を改善し、治癒力を高めます。また、細胞新生を早めるので、老化の様々な症状を予防することが出来ます。

 

身体の中から若返るエイジングケア!
ナチュラルホルモンの補充によって様々な疾病を予防したり、見た目も健康的に改善し身体も心も若い時の活力や元気を取り戻したと感じることが出来るようになるでしょう。

 


予防効果

食生活や生活スタイルの問題点を見出し、一人々に合った食事療法を提供する

個々の細胞の新陳代謝を向上させ、免疫系、内分泌系(ホルモン)、神経系、内臓系など全身の組織を活性化させることで病的状態を修復し、質の高い心身の健康を獲得することが栄養療法の本来の目的です。


ホルモン治療の流れ

  • カウンセリング・血液検査
  • 処方
  • 治療への同意
  • 投薬スタート
  • フォローアップ

ナチュラルホルモン補充療法の問診表は、他の自由診療の問診表と異なりますので、予約受付後にご自宅に郵送またはFaxでお送り致します。

料金

●初診時費用 65,000円 (初診料、血液検査、Dr.Nealコンサルティング料)

血液検査

16,000円~18,000円(性別で内容が異なります)

天然ホルモン補充療法の専門医
Dr.Neal Rouzierへのコンサルティング料

$200(初回のみ)

天然ホルモン料金
(3ヶ月毎の処方になります)

男性の場合
平均79,000円(1か月当たり、約27,000円)


女性の場合

◎更年期以降の方
113,000円~151,000円
(1か月当たり、約37,000円~50,000万円)

◎更年期ではない方
59,000円~97,000円
(1か月当たり、約19,000円~32,000千円)

血液検査は、最初は3ヵ月に一度のチェックを行い、安定してくれば6ヶ月~1年に一度になります。

また、ホルモンバランスが改善してくれば、補充量が減り費用も減ります。

成長ホルモン補充療法は効果が高いのですが、天然成長ホルモン料金がやや高額なため、ご希望の方は別途御相談を承ります。

 


初めて来院される方へ

診療の流れ 診察時間・治療費 こちらをご覧ください

営業日カレンダー

/

/

/

【休診日】水・土・日・祝祭日
10:00~13:00
15:00~19:00
※自由診療は 10:00~18:00
(火曜日のみ)
■予約制です

東京ドクターズ・インタビュー

患者さんインタビュー

ブログ

 

無料相談

お問い合わせ 03-3552-7099

ミチワクリニック

〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-19-9 トーエイ八丁堀ビル (旧 京橋第6長岡ビル)5F
Tel 03-3552-7099

■東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」  A5出口から徒歩約3分
■JR京葉線「八丁堀駅」 B1出口から徒歩約3分
■都営浅草線「宝町駅」  A8出口から徒歩約4分