ハートフルな診療 東京都 中央区 ミチワクリニック お薬だけに頼らないうつ病治療・ストレスケア

03-3552-7099受付時間:9:45~12:45/14:45~18:45

アトピー・アレルギーへの水素治療

アトピー・アレルギー症状を軽減する効果を持つ、水素について詳しくまとめました。
●アトピー性皮膚炎の原因と、水素の効果
●水素のアレルギーへの効果

アトピー性皮膚炎の原因と、水素の効果

アトピー性皮膚炎とは、慢性的な湿疹を繰り返す皮膚の病気。子供から大人まで、幅広い年齢層に見られるのが特徴です。
アトピー性皮膚炎の人に多く見られるのは、肌のバリア機能の低下。バリア機能が低下すると外部からの刺激に弱くなり、ちょっとした刺激でも過敏に反応するようになります。 治療には抗アレルギー剤やステロイド療法、食事療法などさまざまな方法がありますが、ハッキリとした治療法が確立されていないのが現状です。
アトピー性皮膚炎を引き起こす原因は人それぞれで、明確な原因がハッキリしていません。原因である可能性が高いものを挙げると、

• 食生活の乱れ、偏食
• 強いストレス • 大気汚染やハウスダスト
• 紫外線…など


以上の項目を見ると、すべて活性酸素が増加する原因と一致していることから、アトピー性皮膚炎も活性酸素が原因であると言われています。
炎症が起きるとヒスタミンという物質が神経を刺激してかゆみを引き起こし、炎症のある部分には活性酸素が大量に発生。活性酸素は細胞を傷つけてしまうので、どんどん炎症が広がっていくというメカニズムです。
アトピーの改善に必要なのは、活性酸素の除去です。活性酸素を取り除けば炎症を鎮静化することができ、次第に肌のバリア機能も回復していくと言われています。
そこで役立つのが、高い抗酸化作用を持つ水素治療、副作用も刺激もないため子供から大人まで簡単に摂取可能、アトピーの安全な改善策として注目を集めています。

水素のアレルギーへの効果

近年、花粉症・喘息・シックハウス症候群など、さまざまなアレルギーに悩まされる人が多くなっています。
アレルギー症状が起こる原因の一つとして、活性酸素は、ほこりや花粉などのアレルゲンが身体に入ってしまうことでも、過剰反応によって発生してしまいます。
基本的に、人体を構成する細胞は膜に覆われているので、ほこりや花粉(アレルゲン)を侵入させません。活性酸素で細胞が傷つけられてしまうことによって、アレルゲンの侵入を許してしまいます。
水素は、細胞の隅々にまで浸透して活性酸素を除去、傷ついた細胞膜を元に戻す働きを持っているため、アレルギー症状の改善にも有効性が認められています。


初めて来院される方へ

診療の流れ 診察時間・治療費 こちらをご覧ください

営業日カレンダー

/

/

/

【休診日】水・土・日・祝祭日
10:00~13:00
15:00~19:00
※自由診療は 10:00~18:00
(火曜日のみ)
■予約制です

東京ドクターズ・インタビュー

患者さんインタビュー

ブログ

 

無料相談

お問い合わせ 03-3552-7099

ミチワクリニック

〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-19-9 トーエイ八丁堀ビル (旧 京橋第6長岡ビル)5F
Tel 03-3552-7099

■東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」  A5出口から徒歩約3分
■JR京葉線「八丁堀駅」 B1出口から徒歩約3分
■都営浅草線「宝町駅」  A8出口から徒歩約4分