ハートフルな診療 東京都 中央区 ミチワクリニック お薬だけに頼らないうつ病治療・ストレスケア

03-3552-7099受付時間:9:45~12:45/14:45~18:45

うつ病や精神疾患への水素治療の応用

うつ病など精神疾患の主な原因の1つである活性酸素と、活性酸素の除去効果を持つ水素の効能について
●うつ病の原因の一つに脳細胞の炎症があり、水素治療がうつ病治療にも役立つ可能性を示唆している。

うつ病の原因の一つに脳細胞の炎症があり、水素治療がうつ病治療にも役立つ可能性を示唆している。
糖尿病、炎症性腸疾患、アレルギー疾患、膠原病、癌など慢性炎症に罹患している人は、慢性炎症がない人に比べうつ病の発症率が高いことが報告されています。その原因の一つとして、局所炎症の全身への波及が関与しています。炎症反応を抑制するために白血球系の細胞が増加し、過剰にサイトカイン(免疫調整物質)を産生し続け、そのサイトカインが全身をめぐることで体内の免疫バランスが崩れてしまい、局所の炎症が全身に広がります。脳内にも炎症を引き起こし、脳神経細胞がダメージを受けうつ病の発症要因になると考えられています。うつ病以外でも、パーキンソン病にて脳内の炎症が発症に関与しており、水素治療が効果を示した研究報告があることから、うつ病やその他の精神疾患にも水素治療の効果が期待できると考えます。

また、カナダのオーソモレキュラーの医師であるDr.ホッファーは、多くの統合失調症の患者さんをナイアシン治療で回復させたことで有名ですが(日本語訳のDr. Hofferの本を参照)、その治療で高容量のVitCやαリポ酸などの抗酸化物質やDHAやEPAを併用しており、このことからも脳内の炎症を改善することが精神疾患の治療で有効であることを示唆していると考えます。
水素は、強力な抗炎症・抗酸化作用をもち、さらに最小の原子のため脳組織内に容易に到達することができ、また活性酸素と反応しても水になるだけで副作用もないことから、背景に炎症の関与が考えられるうつ病や統合失調症などの精神疾患(脳疾患)の治療として、水素治療は理にかなっており、奏功する可能性を示唆していると考えます。

初めて来院される方へ

診療の流れ 診察時間・治療費 こちらをご覧ください

営業日カレンダー

/

/

/

【休診日】水・土・日・祝祭日
10:00~13:00
15:00~19:00
※自由診療は 10:00~18:00
(火曜日のみ)
■予約制です

東京ドクターズ・インタビュー

患者さんインタビュー

ブログ

 

無料相談

お問い合わせ 03-3552-7099

ミチワクリニック

〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-19-9 トーエイ八丁堀ビル (旧 京橋第6長岡ビル)5F
Tel 03-3552-7099

■東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」  A5出口から徒歩約3分
■JR京葉線「八丁堀駅」 B1出口から徒歩約3分
■都営浅草線「宝町駅」  A8出口から徒歩約4分