相談の多い症状

うつ病

最近の調査で、15人に1人が生涯に一度はうつ病になると報告され増加傾向にありますが、はっきりとした症状が現れるわけではなく、病気と気づきにくいためにきちんと治療を受けずに苦しまれている方が多いのが現状です。また、うつ病=[心の病]と考えて病気を認めたくないために受診をおそれる方もおられますが、正確には脳神経の疲弊により神経細胞が正常に働かなくなり起きる病気なのです。

早いうちに適切な治療を受けることが大切です、下記の様な「うつのサイン」にきづいたら早目に受診ください。

うつ病の症状は、精神面と身体面との両方にあらわれ、通常の疲労感とは異なり休息をとっても改善が少なく数週間以上にわたり続きます。

 

精神的症状
抑うつ気分
・気分の落ち込み・憂うつ感・悲しい気持ち・何の希望もない
思考力の低下
・集中力が低下し、仕事の能率が落ちた・些細な決断ができない・悲観的に考えこむ
・自分を責める、罪悪感を持ちやすくなる
・意欲の低下
今まで好きだった事や趣味をやる気になれない・何をするのも億劫
友人や家族と話すのも面倒だし、話してもつまらない・TVや新聞への関心が薄れる
 

 

身体的症状
睡眠障害
・眠れない・途中でよく目が覚めて寝た気がしない・朝、目覚ましよりも早く目覚める
食欲の低下(ときに増加)
・食欲がない・何を食べてもおいしくない・体重が次第に減少する
疲労感、倦怠感
・身体がだるい(特に朝起きられない)・ひどく疲れる・身体が重い
食欲の低下(ときに増加)
・食欲がない・何を食べてもおいしくない・体重が次第に減少する
その他の症状
・生理不順・性欲低下・頭痛、肩凝り、腰背部痛・動悸

⇒これらの症状の半分以上があてはまり、数週間以上にわたり症状が続いてる方は、 うつ病の可能性がありますので、専門家に御相談してください。

 

 

治 療

治療はお薬が主体となりますが、副作用の少ない抗うつ薬が開発されており、適切な飲み方をされれば治療効果は高く、精神薬は怖いとの誤解をしないでほしいものです。また、症状によっては、カウンセリングも並行して行うことが必要なことがありますが、逆効果になることもあり適応を見極めることが大切です。

■自律神経について 

 

■CarPodによる自律神経検査 

 

■自律訓練法 

 

 

 

 

 ▲このページのトップへ